<名古屋市議会>総合計画議決権条例を可決(毎日新聞)

 名古屋市議会の2月定例会は25日の本会議で、市の総合計画を新たに議決対象とする議員提出の「市会の議決すべき事件等に関する条例」案を全会一致で可決した。しかし、計画段階から議会に関与されることになる河村たかし市長は「全く議論をせずに条例を採決した」と非難、再議権を行使する考えを明らかにした。

 総合計画は、市政の基本的な方向性を定めるもので、現在12年度までの「中期戦略ビジョン」の策定が進められている。地方自治法上の議決対象ではないが、同法は議会が必要と認めれば対象に追加できるとしている。

 条例案は民主、自民、公明、共産4会派が共同で提出した。横井利明市議(自民)が「二元代表制の下、議会として総合計画の立案段階から市民の声を反映させ、積極的な役割を果たすことが必要だ」と提案理由を説明。審議をせずにただちに採決し、可決した。

 これに対し、河村市長は「議会の横暴だ」「議会帝国条例だ」などと議場で激しく抗議。議論が皆無だったことをとらえ、記者団に「そんな議会が総合計画について十分議論できるのか」と疑問を呈した。

 再議権を行使すれば市民税減税条例案に続き2回目となるが、再議決では3分の2以上の賛成で成立するため、議決を覆すのは困難とみられる。【丸山進】

青森県八戸市内で3万人に避難指示 漁船も沖合に避難、大津波警報(産経新聞)
縄文時代のクリ林確認 奈良・観音寺本馬遺跡(産経新聞)
違憲状態「放置できぬ」=平野官房長官(時事通信)
<難民認定>申請者過去2番目の1388人 ミャンマー4割(毎日新聞)
2グループ、きょう意見交換会(産経新聞)
[PR]
by pvwtln7bw3 | 2010-03-02 16:53
<< 前原国交相、津波予測は謝罪に当... 間寛平さん イラン映画に主演 ... >>