<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

雑記帳 受験生に評判、「落ちない」ペンキで絵馬 静岡(毎日新聞)

 静岡県富士宮市の塗装店経営、伊藤文義さん(42)が、「落ちない」ペンキを使った絵馬で受験生を応援している。口コミで評判を呼び、店(0544・54・2360)まで取りに来る人もいる。

 伊藤さんにも高校受験を控えた長男がおり「自分の技術で応援したい」と考案。仕事仲間と手作りし、願い事を書き込む部分に、ロケット先端部の塗装にも使われる特殊な白いペンキを塗った。

 「合格」と語呂を合わせた五角形の絵馬は、「ゴーゴー」にもかけて55枚の限定制作。2月末まで先着順で無料配布する。「落ちない」という受験生の願いは、ロケットのように天まで届くか。【大西量】

【関連ニュース】
岩津天満宮:受験シーズンを迎え、にぎわう 愛知・岡崎
湯島天神:「志望校合格」など絵馬 約4万枚が奉納
雑記帳:受験生らに人気「GO!かくだ切符」 阿武隈急行
雑記帳:タコ神社で合格祈願 三重・鳥羽水族館
湯島天神:就職、合格「お願い」 絵馬作りが佳境 東京

<つかこうへい氏>肺がんで入院、「飛龍伝」は上演へ(毎日新聞)
府立大冠高校に50メートル巨大壁画 思春期の心開くアート(産経新聞)
前年上回る1.0倍=出願状況の中間集計−国公立大入試(時事通信)
菅家さん「謝って」元検事「深刻に受け止め」(読売新聞)
営業委託先に「実体なし」=携帯充電器マルチ商法−大阪府警(時事通信)
[PR]
by pvwtln7bw3 | 2010-01-31 08:50

節分「招福巻」は普通名称 イオンが逆転勝訴(産経新聞)

 節分に丸かじりする縁起物の巻きずし「招福巻」を商標登録している大阪市中央区の老舗すし店「小鯛雀鮨(こだいすずめずし) 鮨萬」が、「十二単(ひとえ)の招福巻」の名称で巻きずしを販売した大手スーパー「イオン」に、名称使用の差し止めと約2300万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が22日、大阪高裁であった。塩月秀平裁判長は、商標権侵害を認めて使用差し止めと約51万円の支払いを命じた1審大阪地裁判決を変更、鮨萬側の請求を棄却した。

 鮨萬は昭和63年に商標登録。「招福巻」が節分用巻きずしの商品名として普通名称かどうかが争点となり、1審判決は「招福巻」が広辞苑に収録されていないなどとして「普通名称とはいえない」と結論づけた。

 これに対して塩月裁判長は「遅くとも平成17年以降は多くのスーパーで『招福巻』の名称が用いられ、特定の業者の商品と認識する者はいなくなっていた」と指摘。「招福」は11年発行の新辞林に記載されているほか、広辞苑にも20年発行版から載っているとして、「『招福巻』は巻きずしを示す商品名として、遅くとも17年には普通名称になっていた」と認定した。

 イオンは「当社の主張が認められたと理解している」とコメントしている。

【関連記事】
偽装請負訴訟でパナソニック側の事実上の逆転勝訴確定 最高裁
女性側の逆転勝訴が確定 「兼松」の男女賃金格差訴訟
「行列の…」住田弁護士の逆転勝訴確定 ダイエット記事名誉棄損
成績表提出はプライバシー侵害にあたらず 早稲田中など逆転勝訴
「週刊現代」記事訴訟で講談社逆転勝訴 広告は「刺激的・誇張的」

みんなの力「ぶりでぃー」で勝利…稲嶺氏が会見(読売新聞)
【足利再審】この日もテープ再生始まる 午後からは元検事尋問 第5回公判(産経新聞)
外国人参政権 首都圏の知事、相次ぎ「反対」(産経新聞)
太陽光発電、来年度買い取り価格は48円据え置き(産経新聞)
<訃報>江口浩司さん82歳=作曲家(毎日新聞)
[PR]
by pvwtln7bw3 | 2010-01-29 20:19

<建造物等損壊容疑>壁をけって壊す 千葉県の室長を逮捕(毎日新聞)

 千葉県警千葉中央署は23日、千葉市中央区矢作町、県商工労働部産業人材課キャリア形成支援室長、中村昇一容疑者(52)を建造物等損壊容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は同日午前1時50分ごろ、千葉市中央区内のビルで、2階エレベーターホールわきの壁をけって壊したとしている。中村容疑者は酒に酔っており「壁をけった理由は自分でも分からないが、壊したことは覚えている。言い訳のしようがない」などと供述しているという。【森有正】

自衛隊、21日にハイチへ出発(時事通信)
陸山会土地所有権 「確認書」日付を偽装 「17年」実は19年会見直前(産経新聞)
<少女水着画像>「ジュニアアイドル」都が保護者指導を検討(毎日新聞)
小沢幹事長 「包み隠さず申し上げた」 聴取後に会見(毎日新聞)
足利事件再審 菅家さん「つらかった」 録音テープ再生(毎日新聞)
[PR]
by pvwtln7bw3 | 2010-01-28 18:43

千葉大生殺害、ATM男を窃盗容疑で再逮捕へ(読売新聞)

 千葉県松戸市の千葉大園芸学部4年荻野友花里さん(当時21歳)が殺害され放火された事件で、松戸署捜査本部が住所不定、無職竪山辰美被告(48)(強盗強姦(ごうかん)未遂罪などで起訴)を荻野さんのカードで現金を引き出した窃盗容疑で近く再逮捕する方針を固めたことが23日、捜査関係者への取材でわかった。

 竪山被告は「自分が刺した」と、荻野さん殺害への関与を認める供述をしており、捜査本部は事件の全容解明を進める。

 捜査関係者によると、竪山被告は火災前日の昨年10月21日、JR松戸駅周辺の現金自動預け払い機(ATM)で荻野さんのカードを使い、現金約2万円を盗んだ疑いが持たれている。竪山被告は「カードは荻野さんの財布から盗んだ」と供述しているという。

 捜査本部は、竪山被告の供述に基づき、荻野さんのマンション付近を捜索し、包丁や荻野さんのTシャツなどを発見したが、荻野さんを包丁で刺した経緯など供述にはあいまいな点が多く、捜査本部は拘置期限の27日にも、荻野さんの事件について本格的な調べを始める。

 竪山被告は千葉県印旛郡内の女性や松戸市内の女性に対する強盗事件で起訴され、今月6日には、同県佐倉市内の強盗傷害などの容疑で再逮捕された。

「いのちの塔」散り急ぎ? 花博シンボル、3月末で営業休止 鶴見緑地(産経新聞)
屋外ヌード撮影で篠山紀信さんとモデルら書類送検へ(産経新聞)
「新型」輸入ワクチン、希望は200回分だけ(読売新聞)
大阪市で火災相次ぐ 女性3人軽傷(産経新聞)
<小沢幹事長>「お騒がせしている…」パーティーで笑い誘う(毎日新聞)
[PR]
by pvwtln7bw3 | 2010-01-27 03:29