<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

コースター事故 通報は3時間後 教師の要請受け、初めて(毎日新聞)

 三重県志摩市のテーマパーク「志摩スペイン村」で25日、ジェットコースター「ピレネー」に乗っていた神戸市立東灘小6年男児(11)が座席の安全バーに顔を強打し、右眼窩(がんか)底骨折の重傷を負った事故で、スペイン村が県警鳥羽署に通報したのは事故から約3時間後だったことが26日、分かった。スペイン村は引率教師から救急車の要請を受け、初めて通報していた。

 男児は同署に「最初に1回転する際、上昇中に安全バーに顔をぶつけた」と話しているという。同署は26日午前、業務上過失傷害容疑で実況見分を行い、従業員から作業手順などを聞き取り、県も調査に入った。ピレネーの運転は見合わせている。

 スペイン村の説明では、午後2時10分ごろ、コースターから降りた男児が鼻血を出し「右目が痛い」と訴えたため、救護室で応急処置をした。顔にはれなどはなく、救護室で様子を見たという。

 引率教師は救急車を呼ぶよう要請し、スペイン村は午後3時半になって119番通報した。県立志摩病院(志摩市)へ救急搬送中に嘔吐(おうと)したとの情報が入り、午後3時55分に社長に事故を報告。診断結果が出た後の午後5時ごろ、同署に通報した。

 スペイン村は「男児に目立った外傷はなかった。原因が分からない段階で通常、警察に通報はしない」と説明している。矢尾弘・営業企画部長は26日、「男児が一生に1回の修学旅行で不快な思いをしたことを謝りたい」と謝罪した。【福泉亮、大野友嘉子】

【関連ニュース】
志摩スペイン村:安全バーに顔打ち、小6男児が骨折
テーマパーク /香川
コースター事故:神戸の小6男児、安全バーに顔打ち骨折−−三重・志摩スペイン村

鳩山首相、23日沖縄再訪=普天間移設方針説明へ(時事通信)
児童ポルノ画像、発見即遮断…年度内開始へ(読売新聞)
<大阪市議補選>「維新の会」の新人・広田氏が初当選(毎日新聞)
<裁判員制度>「名付け親」松尾氏が講演(毎日新聞)
<覚せい剤取締法違反>川崎信金の秘書室長を逮捕 所持容疑(毎日新聞)
[PR]
by pvwtln7bw3 | 2010-05-29 04:00

昭和大で新型インフル集団発生―山梨県発表(医療介護CBニュース)

 山梨県は5月17日、昭和大で新型インフルエンザ患者が集団発生したと発表した。82人がインフルエンザ様症状を発症、PCR検査でうち2人の新型インフルエンザ感染が確認された。県の担当者によると、中には簡易検査でB型陽性と判明した患者もいるという。

 県によると、12日に学生2人がインフルエンザ様症状を発症。14日までに簡易検査でA型と診断された学生が14人いたため、このうち2人にPCR検査を実施し、15日にいずれも新型インフルエンザ陽性と判明した。これを受けて、17日に学内のインフルエンザ様症状の患者を確認したところ、学生81人、職員1人の計82人が発症していた。ただ、いずれも軽症で、入院患者はいなかった。

 大学では、発症者を1週間の出席停止とした。


【関連記事】
インフル、B型など季節性の割合が増加
新型インフル対策の検疫、休校で議論―厚労省総括会議
全国一律の対策に批判相次ぐ―新型インフルの「医療体制」を検証
新型インフル、感染も2割は無症状―大阪で血清疫学研究
中高一貫校で35人が結核に集団感染―東京都

<医師法違反>甲子園常連校から引っ張りだこ 実は…無免許で整体、容疑の女逮捕(毎日新聞)
岡田外相が核軍縮要求、「心配ない」と中国外相(読売新聞)
資金問題、小沢氏は説明を=民主幹部に蓮舫氏ら直訴(時事通信)
<もんじゅ>「検証指示した」文科相(毎日新聞)
<不同意堕胎容疑>36歳医師を取り調べ 点滴で流産(毎日新聞)
[PR]
by pvwtln7bw3 | 2010-05-20 18:29

高槻ポリ袋遺体 被害女性に保険金数千万円 2年前周辺で不審死(産経新聞)

 大阪府高槻市の淀川堤防で4月、宇野津由子さん(36)の遺体が見つかった殺人死体遺棄事件で、宇野さんが今年2月ごろ、豊能町希望ケ丘に住む夫婦と養子縁組し、親族になった後で多額の保険金をかけられていたことが12日、捜査関係者への取材で分かった。また、この夫婦の周辺で平成20年秋に変死した50歳代の女性にも保険金がかけられていたことが判明。府警は保険契約や2人の死亡の経緯について調べる。

 捜査関係者によると、宇野さんは複数の保険に加入し、死亡時の受取金は計数千万円に上っていた。宇野さんは約1年前から豊能町希望ケ丘の養父母の自宅に住んでいたとみられ、今年2月ごろ養子縁組をした。

 親族は「宇野さんはインターネットで養母と知り合い、希望ケ丘の家で住み込みで働いていた」と府警に説明しているという。

 宇野さんは2月の養子縁組後、複数の保険会社と計数千万円の保険を契約していた。宇野さんは4月29日夕、自宅から南東へ約15キロ離れた淀川堤防斜面でポリ袋に詰められ、死亡しているのが見つかった。これまでの捜査で、4月28日に首を絞められて殺害され、遺棄されたとみられる。

 一方、50歳代の女性は平成20年10月31日午前8時半ごろ、豊能町希望ケ丘の店舗兼住宅で死亡しているのが見つかった。近所では、2階の階段から落ちて亡くなったとみられていた。

 府警は当時、遺体を司法解剖し、事件と事故の両面で捜査。未解決事案として残っていたという。

 女性は、この夫婦が滋賀県から呼び寄せ、死亡した店の1階で飲食店を経営していたという。

 府警は11日、容疑者不詳のまま宇野さんの自宅などを死体遺棄容疑で捜索。失踪(しつそう)の経緯を調べている。

【関連記事】
2年前も保険金かけ不審死 ネット縁組は今年2月
ニセ死亡診断書で日本生命から保険料3600万円詐取 容疑の元夫婦ら逮捕
時効直前!暴力団組長逮捕 休業損害保険金を詐取容疑
保険金殺人で実刑確定へ 最高裁 1審で取り調べDVD再生 
首つり自殺…一転、保険金殺人 宮城県警に恩を売った男の決死の覚悟とは
少子化を止めろ!

居酒屋強盗、系列店店長刺し40万円奪う 大阪・西淀川(産経新聞)
県内移設は「狂気の沙汰」 与党・社民議員、官邸前で前代未聞の演説(産経新聞)
介護者の悩み聞くボランティアを育成へ(医療介護CBニュース)
未承認医療機器、早期導入の要望を募集―厚労省(医療介護CBニュース)
口蹄疫対策 宮崎県知事「政府は後手後手」 支援拡充を要望(産経新聞)
[PR]
by pvwtln7bw3 | 2010-05-13 06:15